【社労士】休職の取り扱いについて

昨今、休職についてのお問い合わせが数件ございました。

そこで、休職について、ご説明致します。

 

私傷病などによって、長期間、社員が会社に対して労務の提供ができない場合には、会社は社員を普通解雇できます。

休職とは、この普通解雇を一定期間(例えば、2ヶ月とか6ヶ月の期間など)、猶予する制度です。

そして、この休職期間満了時に復職できない時には、休職期間満了によって退職となります。

様々なケースがございますが、私傷病によっての欠勤であり、長期間、社員が会社に対して労務の提供ができない場合であれば、就業規則に従い、休職を会社は社員に命じることができます。

そして、休職期間満了時に復職ができない時には、休職期間満了で退職となります。

普通解雇は慎重に行う必要がございますので、まずは休職を命じると良いでしょう。